Uターン転職のメリットや実態

今、Uターン転職という言葉を多くの自治体が提唱しています。地方の自治体では都心に若者が転居してしまい、人口がどんどんと減り、特に子を産み育てる層が減っていることが問題になっています。そういった都心へ出て行った若者に対して、生まれ育った地元へ戻ってきてそこで仕事について定住してはどうかと提案しているのです。

まず、若者がなぜ都心へ出て行ってしまうかというと、快適さや環境もその理由にありますが、最大の理由は仕事が都心でないと見つからないということです。大企業でも地方に支社を持つ会社は減り、東京や大阪など一部の都心にしかオフィスを持たない会社が増えています。そのため、地方では働きたくても働き先が見つからない、という現状があるのです。自治体はそういった若者の事情を省みて、「地元に帰って農業を始めてみませんか」と提案をしたり、仕事の斡旋をしている自治体もあります。親や親戚の伝手などの地盤があれば仕事を見つけやすいこともありますし、地元の良い高校や大学を出ていればそれだけで地元の信用金庫などで働きやすいケースも有ります。

しかし、仕事がたとえ見つかったとしても、賃金が安いという問題もあります。その解決のために、若者に格安で住宅を貸し出したり、物件を紹介しているような自治体もあり、それぞれの自治体で若者を増やすために色々な援助を行っています。また、子育て支援を行っている自治体もあり、地元ならば親の支援も受けやすいというメリットがあるでしょう。単純なお金の面だけでなく、総合的な住みやすさを考えてみると、Uターン転職にも各種のメリットがあると言えます。Uターン転職に関する詳しい情報は、こちらもチェック>>>http://uturn-tensyoku.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です