0

都会と違う交通環境の問題

日本では、都市人口が過密になると共に、地方は過疎化が進む傾向があります。都市部に若者が流入し、地方は高齢者が目立つ人口構成です。しかし一方で、都会へと出て行った若者たちが、再び地方へと戻ってくるUターン転職が見られつつあります。都会に夢を見て進出したものの、仕事がうまくいかないケースが多いです。弱肉強食の競争社会で生き残るには、タフさが求められます。都会で仕事を始めてみて、ようやく仕事の大変さを実感します。そうして都会よりも生まれ育った地方の方が向いていると気づく人も多くいます。

ただし、Uターン転職すると、仕事の環境が大きく異なる点に気づくでしょう。例えばUターンで転職して始めに戸惑うのが、交通機関の不便さです。電車やバスでの通勤では職場への路線が整備されていなかったり、あるいは通勤に利用できる本数が少ないといった問題があります。都会に比べると、どうしても地方では交通環境の面で見劣りする点が大きいという事情があります。そのため地方での仕事や暮らしでは、車などの移動手段を持たなければならなくなります。Uターンで転職するのであれば、勤務先への移動手段は事前に考えておくべきポイントです。通勤は毎日行う必要があるだけに、できるだけ肉体やコスト面での負担がかからない交通手段が適しています。また、Uターン転職では地方での仕事を意識し、住まいから通勤しやすい職場を選ぶ事も、毎日の仕事の負担を減らす方法となります。