目的を明確にしておく

豊富な職種や求人を求めて都会へ移り住んだは良いものの、どうしても住み慣れた故郷に戻りたいとUターン転職を考える人は多いものです。そのような人に知っておいて欲しいことが幾つかあります。

まず最初に、仕事を決めてから故郷に戻るということです。とりあえず実家に戻り、仕事探しはそれからと考える人も多いことでしょう。けれど、現実はそう簡単に転職先が決まるものではありません。そのまま実家でニートになってしまった、というケースも少なくないために、転職先を決めておくことは大切なことです。

そして、Uターン転職を行う目的をきちんと自分なりに定めることが大事です。単に住み慣れた故郷に戻りたいという動機では、就職が厳しい地方での暮らしは難しくなります。実際にUターン転職をして満足しているという人は、アンケートによると半数という結果も出ています。残り半数は何かしらの不満を感じているということです。そもそも、就職先を求めて都会へ出ているわけですから、それ以外の理由で故郷に戻る必要があるわけです。実例として、自然環境に恵まれた故郷で家族と過ごしたいと考える人は、そのための仕事探しに邁進することから、その苦労も厭わないという報告もあります。なすべきこと、希望することがあれば、工夫し努力できるというわけです。あるいは衰退化する故郷に活気を取り戻したいと願う人もいます。そのような確かな目的を持つことで、どのような困難にも立ち向かうことができるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です